当保育園について

ご挨拶

1968年に設立された千里聖愛保育センターは、近隣する「宗教法人日本基督教団 千里聖愛教会」を母体として、キリスト教保育の担い手として 地域に仕える働きを続けています。

今、私たちの生活の中で、子どもを取り巻く環境は厳しさを増しており、心痛める出来事も多くなってきました。

このような時代に、子どもたちが自分自身を受け止め、人を信頼し、共に生きようとする人に育ってほしいと願い、子どもたち一人ひとりに与えられている神さまからの個性を活かしていく保育をすすめています。

保育者自身が自らの保育を振り返り、気づきを大切にしながら、子どもと共に成長できるような実践を模索していき、保護者の皆さま、地域の皆さまと力を合わせて歩んでいきたいと思います。

千里聖愛保育センター 園長 土肥 寿子

保育目標

☆豊かな想像力を育てる

☆自然にふれ健やかな体をつくる

☆神さまや多くの人たちに感謝する気持ちを育てる

沿革

1968年(昭和43年)千里ブランチ保育センターとして中路嶋雄が保育事業を始める
1972年(昭和47年)社会福祉法人千里聖愛保育センターとして認可を受ける
1996年(平成8年)園舎を改築する
2012年(平成24年)創立45周年を迎える
2017年(平成29年)創立50周年を迎える